×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子どものジンマシン

ジンマシンが子どもの体に突然出てきました。何か悪い食べ物を与えたかなと、思ったのですが、それはジンマシンという病気は食べ物が原因の場合が多いからです。でもそれだけではないのです。
娘が2歳の時のことですが、ある日おむつを替えようとしてパジャマのズボンをはずして見てびっくりしました。
太ももあたりに虫にさされたときのような発疹がたくさん出ていたのです。紙パンツ脱がせてみると、ゴムがあたっている太ももの部分が特にひどくて、まずはおむつかぶれだろうと思い、使い慣れない紙パンツを使用したことを悔やみましたが、湿疹はふくらはぎやおなかや背中のにまで広がっています。これぞジンマシンでした。

ジンマシンに塗り薬と飲み薬

ジンマシンという病気は、その時点で胸にはジンマシンが出ていなかったのですが、胸に出たらやっかいで難病の場合がある、と先生に言われました。胸に出た場合それは肺にも出ている可能性があるので、そうなると呼吸困難などを引き起こすなど深刻な事態も想像できるということです。
原因のわからないジンマシンの場合、そういった症状に発展する可能性もあるので油断はできません。
ただ、この病気は季節の変わり目や体調が少し悪い時にも出る場合があるということで、そちらのケースも考えられるのではないかとのことでした。かゆがっていないなら塗り薬をつけた場合かえって赤く広がることがあるので、塗り薬を塗るのはやめておきましょう、と言われ、飲み薬だけを出してもらいました。
この飲み薬を飲んでみてジンマシンがひいていくようなら心配ありません。ただひかなかった時はちょっと深刻だなと言われ、とても心配になりました。

食べ物によるジンマシン

ジンマシンという病気は食べ物が原因となりやすいのは、サバ、サンマなどの青魚に多く、カニ、イカ、カキ、豚肉、卵などがあげられます。赤ちゃんの離乳食でもサバ、サンマなどの青魚やカニ、イカ、カキなどの甲殻類はできるだけ1歳までは与えないようにした方がいいので、それを過ぎてから与えるようにしましう。といわれるのは、ジンマシンになる可能性があるからで、その心配をするからです。
また、タケノコ、サトイモ、そばなどに触れたり食べたりしてもジンマシンが出ることがあるのでアレルギーのある場合は特に注意が必要です。
その他の原因の場合
ジンマシンという病気は風邪のウイルスや薬、また部屋や衣類などの温度差、入浴するときや皮膚をひっかいたりしたことが、原因で起こることもあるようですが、ジンマシンという病気は原因をつきとめるのが難しい場合が多いそうです。
とにかく、たかがジンマシンと軽くみないで、発疹が出たら早く病院なり掛かりつけの医師の診察を受けた方がいいと思います。